痛くないレーシック レーシックの実態・体験談 近視レーザー治療と手術


レーシックとは

痛くないレーシック

もともと神経の無い角膜を加工する上、眼点麻酔を行うため
まぶたを固定される痛みもレーシックではありません。
レーシックは痛みを伴わず、治療時間も短いことが特徴です。

レーシックの治療後に一部麻酔が切れたあとに目が
ごろごろすることもあるようですが痛みをともなうような
ものではありません。
レーシックは手術の簡単さと痛みのない手術であることが
特徴です。

またレーシック手術後も入院も必要なく、日常生活程度で
あれば問題なくできます。
もともと角膜には神経が無いため痛くなりません。
レーシックは治療時間が短くて、痛みが無いのが
最大の特徴です。
レーシックのおかげで眼鏡とコンタクトのない暮らしが
簡単にできるようになりました。

痛みを伴わないレーシックですが、失敗は無いのか
気になる人は多いでしょう。

レーシックで発生しうる失敗としては、角膜を切る際に
動きフラップがいびつになることや手術の感染症に
会うことが考えられます。
ただ、現在のレーザー治療であるレーシックではアイトラッカーと
呼ばれる眼球追随機能があるため、眼を動かしても
正しい位置にレーザーが照射されます。
高度に設計された機械で処理されるため、人為的な
ミスや失敗が発生しないのも安心できるところです。

感染症についても無菌室で手術を行う手法が中心であるためこれらの
失敗はまず発生しません。

失敗が現在も発生しうる可能性としては
異常に値段の安い手術を行っている医院になるでしょう。
機器を古いまま更新していない場合や病院自体の清掃費を
下げて不衛生にしているところがあります。
また、まともに研修を受けていない眼科医が執刀しているような
ところも金額が安くなりますでの、あまりに金額が安く不衛生な
医院でレーシックを受けるのは極力避けたほうがいいでしょう。
タグ:レーシック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。