ラセックとエピレーシック レーシックの実態・体験談 近視レーザー治療と手術


レーシックとは

ラセックとエピレーシック

ラセックはエピレーシックの前身にあたる視力回復方法で
フラップの厚みを薄くすることで角膜の薄い方や
近視の度数が高い人に向く手術です。

通常のレーシックよりフラップの厚みが薄くすみ
2週間後にはフラップ自体もなくなるレーシックです。

また、フラップがなくなることにより眼球に衝撃の
かかる格闘技などでもレーシックを受けることが
出来、角膜の厚みが薄くても手術が受けられる
ようになります。

エピレーシックとの違いは、レーザーを利用して
いるかどうかの点につきます。
現在は、フラップを薄く安全につくつために
エピレーシックを利用する方が増えています。

エピレーシックはエキシマレーザーによって角膜の屈折を
矯正する視力回復手術の総称です。
通常のレーシックと違い、角膜の薄い人でもレーシックを
受けることができ、なおかつ眼球に衝撃の掛かるような
例えば、格闘技などの激しいスポーツをする人でも手術を
受けることができます。
普通よりより高度なレーシックですが目に対す影響は
通常のレーシックより少なくなります。
エピレーシックはエピケラトームと呼ばれる機器を使用し、
フラップを薄くし角膜上皮と呼ばれる部分を矯正する
ことで最終的にフラップが消失し衝撃に強くなります。

より上部にフラップを作ることで、角膜の薄い人でも
問題なくレーシックを受けることができます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。