レーシックの種類 レーシックの実態・体験談 近視レーザー治療と手術


レーシックの種類

ウェーブフロントレーシック

ウェーブフロントレーシックは、今までは不可能とされていた
乱視の人に多い高次のゆがみを解析して、レーシックで
矯正出来るようにする高度な視力回復手術です。
この技術によって、レーシックを行う際の矯正制度が向上し
特に乱視などの方に効果を発揮し、同じ視力であっても
くっきりと見えるようになります。

レーシックを行うことでコンタクトレンズよりも、くっきり見える
ようになる特徴がありますが、このウェーブフロントレーシックで
より、はっきりと見えるようになります。

ウェーブフロントアナライザーと言う機器を使い眼球全体に
光の波を解析することによりレーシックで眼球のゆがみを
矯正するのに役立ちます。
乱視が強いと眼鏡やコンタクトではなかなか実際の
視力が上がらないことが多いですが、このレーシックを
行うと乱視でも関係なく視力の矯正手術が受けられます。

レーシックの種類

イントラレーシック

イントラレーシックと通常のレーシックの違いは、
角膜のふた(フラップ)を作成する時に高精度の
医療用レーザーを利用するレーシックのことです。

普通のレーシックでフラップを作るときには、
ステンレス製のマイクロケラトームを使って手で行っていますが
より高精度で安全な手術としてレーザを使った
イントラレーシックが利用されるようになりました。
これにより、レーシックの精度がより向上し、さらに
今までには手術が受けられなかった人でもレーシックを
受けられるようになりました。

イントラレーシックの特徴は、安全に手術ができることと
通常のレーシックより多くの人に適応されたことが
主な特徴です。
今ではレーシックといえばイントラレーシックがそれに
あたるほど一般的な技術となっています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。